FC2ブログ

インターネットの無料動画で英会話学習

海外留学でも駅前留学でも無く『無料自宅留学』。インターネットで配信される動画を使って無料の英会話学習!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

偏見的英語学習論 


『なんでうちの父ちゃんは海外で働いてなかったんだ・・・。』


幼少期に海外滞在を経験した人の語学力に羨む気持ちから、

自分の環境に不満を漏らす人も多いはず。


自分自身もそういう面は否めない。 だけど、環境を嘆いても仕様が無い。

それに、生まれ育った環境に関係なく、 個人の努力次第で英語力は飛躍的にアップする。

個人的な意見だけど、海外滞在と語学力アップは、

絶対的に結びついてるとは思わない。

友達には、イギリス生まれで海外数カ国を渡り歩き

15歳の時に日本に来た奴がいるのだが、 彼は、日本語以外話せない。

 個人的な経験から言わせて貰えば、

海外留学についても個人で努力しない限り英語力アップに繋がるとは思えない。

世界中に日本人が居ない都市は無いというぐらい、

日本人は世界中に散らばり、そこで生活をしている。

まして英語圏の国々なんか特に日本人が多い。

極端な話、海外に行ったとしても日本語だけで暮らせてしまう。


何が言いたいかというと、海外に行ったとしても

『自分で如何に英語に触れる機会を増やせるか?』

というのが問題になってくる。

この英語に触れる機会を増やす努力というのは 間違いなく日本に居ながら可能だ。

留学の為、大学入試の為、ビジネスの為・・・

英語を勉強する目的は人によって様々だと思うが、

 そのメソッドとして、このブログを利用して一緒に学習をしたい。

何より、基本的に無料だし、面白い映像もあるし、

机に向ってガリガリ勉強!なんていうよりは気が楽だと思う。




追記:言いたいことがまさに記事になってたのでこっち読んでください。
    なんか俺が力説するのも恥ずかしいし(笑)  

海外向け動画コンテンツを視聴して英語を勉強する(ITpro)

以下引用

 さまざまなシーンで英語の読み書きが行えることがビジネスの必須スキルとなっている昨今だが,いまだに英語の聞き取りがなかなかうまくできないという人は多 い。書店などに行けばリスニング用の学習機材などはたくさん販売されているが,そうしたものは時事性に乏しい物が多く,なかなか生きた英語を学ぶことがで きない。そんなときに便利なのが米国で提供されているGoogleの動画配信サービスだ。

(中略)

 Google Videoには日々,たくさんの動画コンテンツがアップロードされており,そのほとんどが英語の動画コンテンツだ。ここの人気コンテンツを見ることで生き た英語をたくさん学ぶことができる,というわけだ。ただし,当然のことながらGoogle Videoは語学学習用に設けられたサービスではない。そのため,ある程度の語学力がないと内容を理解することは難しいし,学習用ソフトのように「答え合 わせ」をしてくれるわけでもない。


 これはgooglevideoについて書かれた記事なんですが、他の動画配給サイトにも当然言える事です。この記事の中ではある程度の語学力を求めると書いてあるんですけど、英語学習者向けの動画だって配信されてます。英語に免疫が無い人はまずはそんなコンテンツから始めてみるのがいいのかと思います。語学力がある人はこの記事で紹介されたような学習方法をオススメします。ここのブログでも紹介してますので何かのきっかけになれば良いと思います。
[ 2007/03/04 15:27 ] 英語学習について | TB(0) | CM(0)

英語に関する質問 

なんでもどうぞ!

答えられる人は是非答えてください!
[ 2007/03/04 21:11 ] その他 | TB(0) | CM(0)

管理者へ要望・苦情 

なんでもどーぞ。
[ 2007/03/04 21:11 ] その他 | TB(0) | CM(4)

第1回 本日の勝手にPickUp 

第1回目の勝手にPickUpのコーナーは・・・

current TV の 『fear of spring』

http://www.current.tv/video/?id=22871259

アフガニスタンの現実。

911同時多発テロ後にアメリカがタリバンを追ってアフガニスタンに侵攻したのはもう過去の話というイメージがあるけど、現状は最悪だ。

貧富の差、一向に良くならない経済・・・。


てか、ぶっちゃげ英語の理解度50%と言ったところかな。笑

そして、悲しい事に英語の字幕が読めん。

読み終える前に次のテロップへ。

トレーニングの余地有りだなぁ。

今日は、ブログを作って居たので、他のコンテンツをあまり見て無いし。

徐々に充実させていくつもりです!

オヤスミナサイ。
[ 2007/03/04 22:43 ] PickUpVideo | TB(0) | CM(0)

第2回 本日のPICKUP! 

SUMO 101 by currentTV

Description
Sumo wrestling - more than just fat guys in diapers.
Find out the 411 on this age-old tradition and Japan's national sport.

こんなの見てて思うのは、文化の流出入は日常化してきてるのかも。

アメリカに居た時、japanclubなんてものによくわからないけど、入ってたんですが、もうそこは日本で言えばアキバ系の人々がいっぱいだった。

英語を喋るアキバ系って感じかな。全く知らない漫画の話とかされて、アキバ系の匂いがたっぷりだった(別にアキバ系の人々を非難するつもりは全く無いです)。

国家って、自国の文化や言語を守るため区切りだと思うけど、こんなの見てると国家の区切りが曖昧になってくるよなーって思う。

あー、話が脱線です。

まぁ、このビデオ見てて、相撲の事について知らない自分の無知さを恥じてしまう。

日本人なのにね。

力士って侍の子孫だったのね。

力士が土俵入りして、行う一連の動作に意味がある事は分かってたけど、どんな意味があるのかは知らなかった・・。

うーん。勉強になるわ。

そう。そして、このビデオの一番の見所と言えば、

最後に出てくる

produced by 『ン゛ョン ヘニョン』

多分、『ジョン』って書きたかったんだと思う。

外国人にとって日本語って難しいよなー。
[ 2007/03/05 12:09 ] PickUpVideo | TB(0) | CM(0)
カテゴリー別


英語コンテンツ紹介
サイトマップ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。